【口コミ】しまじろう英語の効果は?5ヶ月体験した超正直な感想

こんにちは、ゆうはるです。


今日は、
しまじろうの英語、
「こどもちゃれんじイングリッシュ」
を娘が5か月間使ってきましたので、

実際どうだったのか、
その効果や注意したいことなど
を書いていきたいと思います。


「こどもちゃれんじイングリッシュ」
の良かったところだけでなく、
イマイチなところも、
包み隠さず書いていきます。


購入を検討している方には、
参考になると思いますので、
是非、最後までお読みください。

※娘は4歳なので、
「こどもちゃれんじイングリッシュ すてっぷ」
を受講しています。


 良かったこと

 しまじろうはやっぱり子どもの興味をひく

さすがベネッセさん、
やっぱりしまじろうは子供たちに人気です。


教材の質や量ももちろん大事ですが、
子供が英語に興味がないうちは、
質や量が良くても意味がありません。


まず大切なのは、
英語に対して
子供に興味を持たせること。


英語が得意な親御さんなら、
子供が英語に興味を持つ方法を
思いつくかもしれませんが、

英語が苦手な僕のような親には、
しまじろうに手伝ってもらうのが、
楽でしたし早かったです。


 ステッピーペンは娘のお気に入り

IMG_20170909_092707.jpg

ステッピーペンとは、
付属の本の文字や
イラストに触れると、

ステッピーペンから
英語や日本語の音声が流れるものです。


「ステッピーペンで
本に触れると音声が流れる」

というのが面白いらしく、
娘のお気に入りで、
親子で遊ぶのも、
ステッピーが多いです。


外にお出かけする時に、
空き時間用に
おもちゃを持っていこうと、
娘に言うと、

ステッピーペンを自分で用意するぐらい
本人も気に入っています。


 ステッピーペンのおススメの遊び方

オススメの遊び方は、

①絵にタッチする
②タッチペンから音声が流れた後、
親が復唱してみせる

です。


親が絵にタッチする度に
復唱してみせると、
子供も自然と復唱するようになります。


軽く誘う感じで、
「一緒に言ってみようよ」
と促すのもいいですね。


ただし、
無理じいはせず、
子供が少しでも嫌がったら、
次の機会を待つぐらいでいいと思います。


そして、子供が復唱したら、

「Good!」
「Nice try!」
「You did it!」

と認めてあげると、
子供も喜んでまた復唱します。


少しぐらい発音が違っていてもOK!


ネイティブの発音を
何回も聞いていると、

自然と修正していくものなので、
まずは「復唱した」という
行動を認めてあげることが大切です


 なぜ復唱がおススメ?


僕もはじめは
復唱していなかったのですが、

という本の中で音読が
薦められていたんです。


それで復唱してみたら、
子供が自然と英単語を発する
ことが増えたんですね。


復唱(音読)が効果的な理由は、

インプット(聞く)だけではなく、
アウトプット(声に出す)まで
行っているので記憶に定着しやすい。

 声に出すために
しっかり聞く必要があるので、
集中力が増す。

などがあります。


 DVD視聴用の専用リモコンはお気にいり

IMG_20170909_092636.jpg

DVD視聴用の専用リモコンがあります。


これはベネッセさんの作戦が
上手だと思いました。


子供は自分専用の
リモコンが出来てうれしいから、
何回もDVDを見たくなるんですよね。


親にとっても、
家庭のDVDのリモコン
を子供が触って、

設定がおかしくなることがないので
いいなと思いました。


 おもちゃの量が多すぎない

それほどおもちゃが
多いわけではないので、
特にかさばるとも感じませんでした。


とはいえ、
おもちゃ全般に言えることですが、

使わなくなったおもちゃは、
年下の子に譲ったり、
オークションやフリマで売ったり、
処分していく必要があると思います。


 おもちゃの品質も満足できるレベル

おもちゃの品質は、
料金を考えると、
十分満足できるレベルでした。


すぐ壊れるという
口コミも見つけましたが、
我が家は壊れなかったです。


 英語の音声はネイティブの方が担当

口コミで勘違い?からか、

「しまじろうの英語の発音が
日本人独特」

とありましたが、
実際はネイティブの方が
英語の音声を担当されています。

しまじろう英語02.jpgしまじろう英語03.jpg

しまじろうの日本語の声と、
英語の声を担当されている方の
声は似ていますが、

違う方ですので、
安心していただけたらと思います。


 注意したいこと

 DVDは、はまらない限り飽きる

DVD教材全般に言えることですが、
何回か見てしまうと、
はまらない限り飽きてしまいます。


こどもちゃれんじのDVDは、
クイズがあったり、
ストーリーが分岐していて、
好きな方を子供が選べるなど、

インタラクティブ(双方向)
なものとなっており、
子供の興味を持つように工夫されています。


そのため、
確かに何回かは見るのですが
ストーリーが分かってしまうと、

娘の場合は、
自分から見るという
ことはなくなりました。


これは全てのDVD教材の
一つの壁かもしれません。



とはいえ、
英語に興味を持ってもらう
という一番の役割は
果たしてもらった
と思います。

 学べる量は多くない

よくインターネットで
口コミを見ていると、

「学べる量が少ない」
と書かれています。


たしかに量は多くありません(笑)


しかし、

「英語は楽しいと感じる」
「簡単な単語やフレーズを覚える」

ことを目的としているのであれば、
十分かなと思いました。


また、

「日本語が入っているのが良くない」
「レベルが低い」

などとも言われていますが、
英語にまだほとんど
触れていない子供なら、

これぐらいのレベルが
ちょうど良いのでは?
と思いました。


幼児英語教育の専門家の
仲田利津子先生と、

幼児の発達心理学の専門家の
沢井佳子先生が監修されていますので、

子供の成長にあった無理のない
カリキュラムなんだと思います。


 5ヶ月やってみての効果は?


あくまで娘の場合ですが、

英語は楽しいと思っている
 自分は英語が得意だと思っている
 簡単な単語を覚えている
 簡単なやりとりができるようになった
 発音はやっぱり良い

などがありますね。
少し詳しくそれぞれ書いていきますね。


 英語は楽しいものだと思っている

DVDは数回見ると、
見なくなりましたが、
ステッピーペンはやりたがります。


また、
2ヶ月ほど前にこちらの英語の絵本を
買ったのですが、

この絵本も気に入ってくれて、
毎日見ています。




はらぺこあおむしの英語版も、
(というかこちらが元ですが)

実ははじめはちょっと
嫌がっていたのですが、
最近は「読んで!」
と言ってくるようになりました。



 自分は英語が得意だと思っている


子供が英語を話そうとすると、

「ナイスチャレンジ!」
「いい発音だね!」

などと認める言葉掛けを
していることもあって、
娘は英語が得意だと思っています(笑)


 簡単な単語を覚えている

「Mantis」
「Ladybug」
「Hippo」
「Giraffe」
「Shrimp」

など簡単で身近な単語ですが、
タッチペンやDVDで出てくる言葉は
けっこう覚えています。


この前に行った動物園でも、

「Elephant!」
「Penguin!」
「Zebra!」

と動物を見つけては、
叫んでいました(笑)


 簡単なやりとりができるようになった

私「Here you are」
「Thank you」

私「Good morning!」
「Good morning!」

「I’m thirsty. Tea,please!」
私「OK!」

「I’m hungry!」
私「OK! Wait a minute!

お決まりのパターンだけですが、
言葉で遊んでいます。


 発音はやっぱり良い

幼児期は音を聞き取る力が
優れているので、

英語ならではの音も
吸収しやすいと言われています。


確かに娘の発音も、
親から見ると、

「お!上手に言えてる!」

と思うことが多いです。


 まとめ


5ヶ月体験してみて娘は、

 英語は楽しいと思っている
 自分は英語が得意だと思っている
 簡単な単語を覚えている
 簡単なやりとりができるようになった
 発音はやっぱり良い

といった効果が現れているので、
英語に触れるきっかけとして
良い教材だと思います。



ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


 お試しはできる?


無料の資料請求をすると、
しまじろうの英語DVD
一緒に送られてきます。


まずは、
このDVDを子供と一緒に見て、
お試しをしてみるのも、
いいのではないでしょうか。






しまじろう英語04.jpg


お問い合わせや
ご相談がありましたら、

またはyuuharu.green3388@gmail.comまで
お気軽にお伝えください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうはる

「子供には英語で苦労してほしくないなぁ」 「でも高額な英語教材は手がでない、、、」 学生時代、英語が全くダメだった僕が、 息子(小1)と娘(年中)に 同じ思いをしてほしくないと思い、 子供と一緒に英語を学ぶ様子をつづったブログです。 また、心理学を使った頑張り過ぎない子育て法も紹介しています。