アルクのエンジェルコースの口コミや評判は?その効果と注意したいポイント!

こんにちは、ゆうはるです。

今日は、アルクのエンジェルコースについて紹介します。
アルク エンジェルコース.png
・教材内容
  CD12枚(各約30分)
   (歌は、CD1枚につき、音楽つきの歌が1曲、
    音楽なしの手遊び歌などが1編収録)
  おうちの方向けコースガイド1冊
   (CDに入っている歌、日常会話、世界の名作童話の英文と、
    その和訳、「遊び歌」の遊び方を掲載)
  おうちの方向け講座ブックレット6冊
  特製CDケース
・標準学習期間 12ヶ月
・対象年齢 胎児から3歳
・価格 31,320円(税込)

・特徴1
フランスの英語音声医学の権威、
アルフレッド・トマティス博士の理論にもとづいて作られている。

・特徴2
マザーグースや名作童話の読み聞かせを収録したCDのBGMには、
リラックス効果が高く、記憶力や集中力のアップに効果がある
といわれているモーツァルトの音楽を採用。

・特徴3
CDを流して聞かせるだけなので、手間のかかる準備は必要なし。

 良い口コミ・評判について

・語学の通信教育に定評のあるアルクの教材。
自分自身がアルクにお世話になっていたので、
子供にもアルクを。

・外でこのCDに収録されている音楽が流れていた時に、
息子が「この歌知っているね」と言うことがあり、
記憶に残っていることが分かった。

・3歳ごろに、歌のフレーズを口ずさんだり、
童話の中のセリフをマネしたりするようになった。

・子供がまだ小さいので、
DVD漬けにはしたくなかったので、
CDメインというのが良かった。

・子供向けの教材は元気がいいのが多いが、
これは穏やかなBGMなので、大人も聞きやすかった。

 悪い口コミ・評判について

・子供に英語の会話を覚えさせるものではなく、
英語のリズムや音域に慣れることが目的の教材なので、
効果が分かりにくい。

・映像がなく、CDを聞かせるだけなので、
英語の意味を理解できていない。

・CDを聞かせる習慣が続かなかった。

・自分が英語が出来ないこともあり、
BGMとしてこのCDを流すことが苦痛になった。

・映像がないのに、童話を朗読されても、
子供には意味が分からないと思った。

 まとめ

様々な口コミ、評価、体験談を見ている限り、
子供が簡単な単語を口ずさむようになったというものはあるものの、
英語の文章を話せるようになったというものはありません。


また、CDがメインのため、
子供が触れるのは音声のみになり、
言葉と、その言葉が意味することを
一致させる仕組みがありません。


具体的に言うと、
例えば水を触ったり見たりして、「water」と何度も伝えると、
「あぁ、これがwaterなんだな」ということが感覚で分かりますが、
そういう言葉と感覚がつながる仕組みがないということです。


そのため、アルクのエンジェルコースは、
あくまで英語を「聞いたことがある」感覚にさせるための、
BGMのような位置づけです。

アルクのエンジェルコースだけでは、
英語が話せるようにはなりません。

子供が「英語を話せるようになる」ためには、
必ず別の教材が必要になります。

また、一部の高額な英語教材に比べて、
価格の安さが魅力的という口コミがありましたが、
これらの教材に比べると、

・教材の量が少ない
・子供が自らやりたくなるような仕組みが少ない
・子供が自ら取り組む内容が少ない

など、子供が得られるものも多くはないようですので、
期待しすぎは禁物です。

とはいえ、
購入された方の満足度は比較的高めですので、

高額な英語教材には手が出ないけど、
まずは親子で「英語に触れる」ことを目的とするのであれば、
それほど高い出費ではないのかなと思います。

 子供にとって大切なことは?

・私が英語が苦手だったからこそ、
子供には英語を苦手になってもらいたくない。
・英語に苦手意識をもってほしくないので、
そのために早くから英語を学ばせてあげたい
・英語が必要な仕事ができるために、
親ができることをしてあげたい

アルクのエンジェルコースに
興味を持たれているあなたは、
こんなことを思っていらっしゃるのではないでしょうか。

私も2児の父親であるので、
子供のことを思って色々調べられている親御さんには、
とても共感します。


そんな子供さん思いのあなたに、
一つだけ質問させてください。

英語は大切ですよね。
私も仕事で海外にいったことがあり、
英語の大切さはよく分かっているつもりです。

では、英語を学ぶうえで、
英語以上にしっかり育てた方がいい力が
あるのを知っていますか?

この力は、
親が「しっかり育てよう」と意識していれば、
子供にしっかりと根付く力です。

もし、あなたが、
「子供が英語を話すことができればそれでいい」
と思われているのであれば、
このブログは役に立たないと思います。


しかし、
「子供には英語を使って人生を楽しんで欲しい」
「色んな国の人と仲良くなれるぐらい話せるようになってほしい」
「英語が使えることで、仕事の選択肢を広げてあげたい」
という方でしたら、
このブログはあなたの力になるはずです。


まずは、こちらの記事に、
英語を学ぶ上で大切なことを書いていますので、
是非、読んでみてください。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうはる

「子供には英語で苦労してほしくないなぁ」 「でも高額な英語教材は手がでない、、、」 学生時代、英語が全くダメだった僕が、 息子(小1)と娘(年中)に 同じ思いをしてほしくないと思い、 子供と一緒に英語を学ぶ様子をつづったブログです。 また、心理学を使った頑張り過ぎない子育て法も紹介しています。