効果抜群!妻の育児ストレスを解消するために僕がやった7つの方法

こんにちは、ゆうはるです。

今日は、
息子がイヤイヤ期だった頃にはじめて、
今も実際にやっている、


「妻の育児ストレスを解消する7つの方法」

について書いていきたいと思います。
fbcc3544e3c404bf0e171e33807c171b_s.jpg

そもそもなんで子供は
イヤイヤ言うかというと、
それは自立への第一歩だからですね。


専門的な言葉で言うと、
イヤイヤ期は「第1次反抗期」と呼ばれます。


欧米では、

「terrible two(魔の二歳児)」

という言葉もあるそうで、
この時期のイヤイヤは
世界共通なのが分かりますね。


これらのことからイヤイヤは、

 自立への第一歩で必要なもの
 世界共通で避けて通れないもの

ということが分かります。


でも、
必要なもので、
しかも避けて通れないものでも、
少しでもイヤイヤによる
ストレスは減らしたいですよね。


我が家の場合も、
息子のイヤイヤ期に娘が生まれ、
その頃が一番大変でした。


当時の妻は、

 両親の実家が離れていること
 夫である私の帰宅時間が夜8時から11時だったこと

から、
平日の子育てをほぼ一人でやっており、
かなりストレスが溜まっていました。


そこで、
私が実際に妻のストレスを
解消するためにやっていたことは、
次の7つです。


 妻のすることを減らす

e43f7cdbc402c4f3e67836f4c8fadd29_s.jpg

 ネットで買い物できるものはネットで買い物


外に出かける用事は、
極力減らしました。


妻はあまりネットで買い物をする
習慣がありませんでしたが、

この頃を境に、
ネットで済ませられる買い物は
ネットで済ませるようにしました。


小さい子供を2人連れて
ショッピングモールに出かけるのは、
大人だけのお出かけに比べて、

 時間がかかる
 疲労感が増す

ので、重労働です。


今振り返っても、
買い物のメインをネットに切り替えて
本当に良かったと思います。


 子育てイベントの参加は行きたいものだけ

子育て系のイベントへの参加も、
妻が本当に行きたいものに絞って、
なんとなく行こうと思っていたものは、
無理してまでは行かないようにしました。


子育て系のイベント=いつも参加するもの

とならないようにしたことによって、
自分たちで時間の使い方を
選択できるようになり良かったです。


 夫ができる家事は夫がする

妻の妊娠時からですが、
我が家では、

の主担当は、
 洗濯全般
 料理全般

の主担当は、
 食器洗い
 掃除全般


としていました。


洗濯物系は、
妻が好きな家事で気分転換になるそうなので、
妻に任せていたのと、

料理は、、、
私が料理がどうしても苦手だったので、
妻にお願いしていました(汗


今でも、

 簡単な丼もの
 カレー
 たこ焼き
 焼きそば
 ホットケーキ

ぐらいしか作れないです。


子供が少しずつ料理にも興味を持ち始めたので、
一緒に学んでいくのもありかなぁ、
だと思っています。
(と、言いつつやっぱり腰が重いですが、、)


 マッサージを定期的にする

candle-2552148_640.jpg
抱っこやおんぶ、授乳などすると、
かなり肩が懲りますよね。


当時の妻の肩や背中も、
何か入っているじゃないの?
っていうぐらい硬かったです。


そこで、
週に2、3回程度ですが、
肩や背中、足の裏など
妻にマッサージをしていました。


私も疲れている時は
お願いしていました。


マッサージをしてもらうと、
その時の疲れがけっこう軽くなるので、
おススメです。



 妻のお一人様タイムを作る

coffee-983955_640.jpg
これが私が一番意識してやったことです。


3段階に分かれているのですが、

 私の休みの日⇒少なくとも1時間半以上
 月に1から3回⇒半日から1日
 年に1、2回⇒泊付き

で、妻のお一人様タイムを作って、
私が子供たちと過ごすようにしていました。


具体的に言うと、
私が休みの日で晴れた日は、
ほぼ毎日子供たちと公園に行っていました。


ざっくりですが年間70日以上は、
毎週のようにどこかの公園に出没していましたね(笑)


そして、
これだけ一人で子供たちと接していると、
私も子育てに慣れてくるので、


 朝から夜まで妻がいない日
 三連休ずっと妻がいない日

があっても、
夫としては特に不便なく
子供たちと3人で生活できるようになりました。

※ちなみに妻も、単なる遊びではなく、
勉強や個人事業主としての活動のために、
家を空けています。


お母さんがいない日を作るのは、
子供たちも精神的に成長するので、
結構おススメです。


 妻に完璧を求めない

target-1955257_640.jpg
私が完璧ではないように、
妻も完璧ではありません。


そもそも完璧な子育てって何?
と思いますが、
お互いに無理をしないように心がけました。


とはいえ、
私は元々、完璧主義だったので、
時々それが顔を覗かせていたと思います。


今でもたまにそういうところが出ていたかな、、、
という時があるので、
これからも意識していく必要があるなと思います。



 子供たちにいつも愛情を注ぐ

MIZUHO1796005_TP_V.jpg
当たり前のことなのですが、
イヤイヤ期でも変わらず子供たちに
愛情を注ぐようにしました。


 とことん一緒に遊ぶ
 認める言葉がけをする
 スキンシップをする

などですね。


子供の健やかな成長には、

 「僕は僕でいい」という自己肯定感
 「僕はできる」という自己効力感

がとても大切ですし、
愛情を注いだ方が、
なんとなくイヤイヤも良くなるかな?
と思い、日々やっていました。


 家族に感謝の気持ちを伝える

teddy-1364124_640.jpg
子供たちにも、
妻にも感謝の言葉を
伝えるようにしていました。


やっぱり感謝は、
言葉で伝えるのが一番ですし、

感謝を言葉で伝えると、
空気感がとても良くなるからですね。


 まとめ

イヤイヤ期の妻のストレスを減らすために私がやったのは、

 妻のすることを減らす
 ・ネットで買い物できるものはネットで買い物
 ・子育てイベントの参加は行きたいものだけ
 ・夫ができる家事は夫がする

 マッサージを定期的にする
 妻のお一人様タイムを作る
 妻に完璧を求めない
 子供たちにいつも愛情を注ぐ
 家族に感謝の気持ちを伝える

7つでした。


こうやって7つ並べると、
当たり前のものばかりのような気もします。


妻のストレスを軽くしてあげたいな、
という方がいらっしゃいましたら、
是非、参考にしてください。


一度に全部は無理なので、
(私も一度に全部始めた訳じゃないです)
少しずつ試されることをおススメします。


この記事への
感想や応援メッセージ、
疑問などがありましたら、
お気軽にどうぞ。


ゆうはるへの連絡は、



私も試行錯誤しながら
子育てをしていますので、
同じ立場のあなたの気持ちを
教えていただけるととても嬉しいです。













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうはる

「子供には英語で苦労してほしくないなぁ」 「でも高額な英語教材は手がでない、、、」 学生時代、英語が全くダメだった僕が、 息子(小1)と娘(年中)に 同じ思いをしてほしくないと思い、 子供と一緒に英語を学ぶ様子をつづったブログです。 また、心理学を使った頑張り過ぎない子育て法も紹介しています。