子供が勝ち負けにこだわるメリットとデメリットとは?

こんにちは、ゆうはるです。

男の子の中には
特に勝負にこだわる子がいると思います。

7eab653ef4111d270b2049fef38c43bf_s.jpg

また、お父さんの中にも
子供以上に勝ち負けにこだわる方がいます。


一般的に勝負にこだわるのはいいことだと
多くのお父さんに思われていますが、
実はメリットだけでなく、
大きなデメリットもあります。


今日は、
「勝ち負けにこだわるメリットとデメリット」
と、何にこだわるのが
おススメかについて書きます。


 勝負にこだわるので、短期的には上達しやすい

勝負にこだわり
自分の力を証明しようとするので、
短い期間での上達速度が早いです。


短期的に結果を出すためには
有効な方法かもしれません。

 勝てた時は自尊心が保たれる

勝負に勝った場合は、
自尊心が保たれるので
達成感を得ることができます。


勝負にこだわる人は、
自分が上手くなったかどうかより、
勝ち負けにこだわる傾向があります。

 デメリット

 自分の成長そのものへの興味が薄いため、充実感を得にくい

人と比べてどうかを重視していたり、

「こんなことができるんだよ!
 すごいでしょ!」

と周りの評価を
必要以上に気にしているため、
自分の成長そのものには
あまり注目していません。


そのため、
自分自身が成長していても
勝負に負けると、

「あいつに負けた、、」

と自分の成長を
肯定的に受け止めることができません。

 負けてしまった時に、言い訳か自己否定をしてしまう

勝ち負けにこだわるのは、

「勝った方がエライ・スゴイ」
「負けるのはいけない・カッコ悪い」

という考え方を持っているからです。


しかし、
自分で競争相手を選べない場合、
常に勝てるとは限りません。


そうすると、負けてしまった時に、

「負けた自分はダメ」

と強い自己否定をしてしまうか、

「自分が負けたのは○○だったから」

と言い訳をします。

b1bd239f288f3fb8e6259196e08c2d27_s.jpg
そもそもなのですが、
勝負に勝つか負けるかと、
偉いかどうかは関係ありません。


偉いかどうかや、すごいかどうかは、
あくまでまわりの人が評価するもので、
自分で決めるものではありません。


また、周りの評価を気にしすぎるのは、
気持ちは分かりますが、
誰のために誰の人生を
生きているのか分からないですよね。


 私の子供時代

実は、
ここで書いたデメリットは
全部自分に当てはまります。

私の子供時代は、
まさしくこういう考え方で、
勝つときはとても
気分がいいけど、

負けると自分を否定されたように
感じていました。


こういう考え方だと、
瞬間的な達成感は味わうことができても、

充実感を味わいにくいので、
どこか心に穴が空いているような、
物足りない感じになるんですよね。


今は、新しい考え方に
切り替えることができたので、
出口の見えないトンネルにいたのが、
よく分かります。


 勝負にこだわるより効果的なこと


人と比較して一喜一憂するのではなく、
過去の自分と比べて
どれだけ成長したかにこだわることが、
最もオススメしたいことです。


そうすることで、

・前向きでいられるので、
自分を肯定でき感情が安定する

・過去の自分との比較なので、
成長することに充実感を感じられる

・他人の評価を気にしすぎないので、
他人の意見に流されない


といったメリットがあります。



スポーツ選手の
競技後のインタビューを見ていても、

上手くいかなくて泣いている人は、

「金メダルが取れなくて
 皆さんに申し訳ない」

「負けちゃだめだと思って、
 力が入ってしまいました」

と、自分の外側に
注目してしまっていることが多いように感じます。



一方で、笑顔の人は、

「自分のベストを尽くそうと
 思っていました」

「自分との戦いだと思って、
 負けるもんかと思っていました」

「練習してきた成果が
 出せて良かったです」

と自分の内面を見て
コメントされている方が多いように感じます。

e920aff1da608f44f929f64d0dbf1a31_s.jpg



 まとめ


勝ち負けにこだわるメリットとデメリットは、

メリット
・勝負にこだわるので、短期的には上達しやすい
・勝てた時は自尊心が保たれる

デメリット
・自分の成長そのものへの興味が薄いため、充実感を得にくい
・負けてしまった時に、言い訳か自己否定をしてしまう

でした。

そこで、
オススメは、
人と比較して一喜一憂するのではなく、
過去の自分と比べて
どれだけ成長したかにこだわること
でした。


そうすることで、

・前向きでいられるので、
自分を肯定でき感情が安定する

・過去の自分との比較なので、
成長することに充実感を感じられる

・他人の評価を気にしすぎないので、
他人の意見に流されない

といった効果があります。


子供の頃からこの考え方が身に付くと、
子供は充実感を感じやすく、
成長しやすいです。


いいな!と思った方は、試してみてくださいね!



このブログでは、
感想や応援メッセージ、
疑問などもお待ちしています。

スマートフォンの方は一番下、
パソコンの方は
右側の問い合わせフォームより
お気軽にお伝えください。


私も試行錯誤しながら
子育てをしていますので、
同じ立場のあなたの気持ちを
教えていただけるととても嬉しいです。













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうはる

「子供には英語で苦労してほしくないなぁ」 「でも高額な英語教材は手がでない、、、」 学生時代、英語が全くダメだった僕が、 息子(小1)と娘(年中)に 同じ思いをしてほしくないと思い、 子供と一緒に英語を学ぶ様子をつづったブログです。 また、心理学を使った頑張り過ぎない子育て法も紹介しています。