子育てで「認める」をおススメする3つの理由

こんにちは、ゆうはるです。

前回の記事で、
について書きました。


今日は、
「子育てで認めるをおススメする3つの理由」
について書きます。

da289c68091a0ec9718c3b683aeec653_s.jpg
はじめに少しだけおさらいです。


「認める」の言葉の定義ですが、
「認めるとは、行動や存在を承認すること」
と考えています。


そして、この「認める」は、
心理学用語で「承認」といい、

いくつか種類があるのですが、
子育てで主におススメなのが次の2つです。


・行動承認
・存在承認

それぞれ詳しく説明しますね。


 行動承認とは?


まず、行動承認ですが、
これは子供の行動を認めることです。


例えば、

「頑張ったね」
「~ができるようになったね」
「~してくれてありがとう」
「~してくれてうれしい」
「いつも助かるよ

などです。


ここで3つのシチュエーションで、
「褒める」と「認める」の違いを
比べてみたいと思います。


①お片づけができた時
  褒める⇒えらい!
  認める⇒お片づけができたね。
      部屋がキレイになったね。


②お手伝いをしてくれたとき
  褒める⇒いい子ね~。
  認める⇒お手伝いをしてくれて、ありがとう。
      いつも助かるよ。


③ひらがなが書けるようになった時
  褒める⇒お利口さんだね。
  認める⇒ひらがなが書けるようになったね。
      いいね~。


いかがでしょうか。

わざわざ褒められなくても、
認められるだけで
嬉しい感覚になりませんか。


褒めなくても認めるだけで、
子供の気持ちは満たされるんです。


しかも「褒める」には、
前回の記事のとおり、
よくない副作用がありましたよね。


「認める」には副作用はありません。


そうであれば、
子供の「行動」に対して、
こちらの気持ちを伝えるには、
「認める」を使ってみてはいかがでしょうか。


 存在承認とは?


次に存在承認ですが、
これは子供の存在そのものを認めることです。


例えば、

・「おはよう」
・「おやすみ」
・「いつも大好き」
・「いつも愛しているよ」
・他にも、ハグしたり、頭をなでなでしたり、名前を呼んだり。


これはもう最強です。
いわゆる無条件の愛ですよね。


何かをしたから
認められるのではなくて、

何もしていなくても、
ただそこにいるだけで認められる。


生きていて、
一番幸福感を感じられる
瞬間なのではないでしょうか。


 認められると何がいいの?


認められると、

「僕はここにいていいんだ」
「僕の存在を大切な人が喜んでくれている」

という感覚になるんですね。


このことを、
「自己肯定感が育つ」というのですが、
そうなると何がいいのかというと、


・「何事にも挑戦しよう」
という心が育つ

・辛いことがあったとしても、
乗り越えようとする力が育つ

・自分のことが好きで、
他の人も好きになることができる


という点が挙げられます。


どれも子供に備わっていると
いいなと思う力ではないでしょうか。


 自己肯定感が育っていないと?


逆に、
親が子供に対して、
「認める」ことをしていなくて、
子供の自己肯定感が育っていないと、


・いつも挑戦から逃げるので、成長が遅い

・辛いことをなかなか乗り越えられない。
いつまでも引きずっているので、
生きるのが楽しくない、辛い。

・自分のことが好きじゃない。
人を愛するのも下手。


という状態になりやすいんです。


できることなら、
子供をこんな状態にはしたくないと
思われるのではないでしょうか。


 自己肯定感を育てるのは親の大切な役割


私は、
子供の自己肯定感を育てるのは、
親の大切な役割のひとつだと思っています。


なぜなら、
自己肯定感は、
「生きる」を支える感覚だからです。


そして、
この自己肯定感は、
産まれて間もない
赤ちゃんから幼児の頃に、

自分を育ててくれる
周りの人たちによって、
育てられる感情なのです。


そのためには、
「認める」子育てが
必要なんですよね。


もし、あなたが子供に、

・挑戦する心を持ってほしい
・困難を乗り越えられる子になってほしい
・自分のことが好きで、
周りの人も愛せるようになってほしい

と思っていたら、
是非、「認める」子育てをしてくださいね。


その時のコツを
ちょっとだけ伝えますと、
少しずつやってみるのがいいです。


ほとんどの人は、
スーパーマンじゃないので、
いきなり完璧に
やろうとしてもできないですからね^^




最後に、
おススメ記事を2つ紹介します。

子育てをされている方にとって、
必見の内容ですので、
是非、あわせてお読みください。


【IQや学力よりも重要で、世界的に注目されている力を知っていますか?】


コスパ良し!な子供向け英語教材!我が家の子供達のお気に入りです】



メール3.png

子供の将来が気になる方へ

次世代型の子育てを
一緒にしませんか?」


僕の子育ての目標は、

 「みんな一緒」ではなく、
「ありのままの自分」の強みを伸ばす
 これからの時代を生き抜く力を育てる

の2つです。


ぶっちゃけ、

 勉強ができるだけ
 単に英語が話せる

はどうでもいいです(笑)


もし、あなたが
この目標に共感するなら、
僕の子育てメルマガに登録してください。

僕が日々、
考えていることをシェアします。


ぜひ一緒に時代の変化に負けない
優しくもたくましい子を育てていきましょう!


不要だった場合は、
簡単に解除できますので、
お気軽にご登録を!

http://cosmoikuji.up.seesaa.net/image/arrow46-011.gif  http://cosmoikuji.up.seesaa.net/image/arrow46-011.gif  http://cosmoikuji.up.seesaa.net/image/arrow46-011.gif



また、
この記事への
感想や応援メッセージ、
疑問などがありましたら、
お気軽にどうぞ。


ゆうはるへの連絡は、

 あわせて読みたいおススメ記事


甘い言葉には気をつけた方がいいです】


【もしかして子供を褒めていませんか?


【我が家の子供達が「英語が好き!」と答えるようになった方法です】
⇒実は簡単!子供のやる気スイッチを入れる3つの方法



【育児本のエッセンスをサクっと学ぶのにおススメ】


【脳科学者や医学博士が薦める子育て法です!】





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうはる

「子供には英語で苦労してほしくないなぁ」 「でも高額な英語教材は手がでない、、、」 学生時代、英語が全くダメだった僕が、 息子(小1)と娘(年中)に 同じ思いをしてほしくないと思い、 子供と一緒に英語を学ぶ様子をつづったブログです。 また、心理学を使った頑張り過ぎない子育て法も紹介しています。