実際に買って良かった男の子のおもちゃおススメトップ5

こんにちは、ゆうはるです。


今日は、
私が息子に買ったおもちゃの中で、
息子の食いつきがよく、
長い間一緒に遊んだおもちゃを紹介したいと思います。


少なくとも100時間以上遊んだものだけを厳選しています。
a0790_000562.jpg
しかもこれらは、

運動神経
 数の感覚
 空間の感覚

などを育てることができたので、
おススメのものばかりです。


それでは、息子が遊び始めた順にいきます。




オフィシャルな使い方は、
販売ページにあるのを見ていただければ
わかりますが、

それ以外にも本や板で坂を作って、
そこから滑らせて遊んだりできます。


「転がる」という感覚が、
息子にとってとても気持ちの良いものだったようです。


娘も同じく興味を示して遊んでいましたので、
「転がる」系のおもちゃは一家に1つあっても
いいのかなと思います。

 プラステン

色々な使い方ができる「木のおもちゃの王様」です。


2歳前から、
6歳まで工夫次第で色々なことに使えます。


息子の使い方も、

 棒にリングを刺す
 紐とおし
 色わけ
 リングを50個積み上げる
 ドーナツに見立てて食べ物ごっこ
 食べ物に見立ててご飯ごっこ
 お金に見立ててお買い物ごっこ

などの使い方をしていました。


長く遊べるので、
買って損なしのおもちゃだと思います。



 立体パズル

まずは平面の感覚を養い、
慣れてきたら立体の感覚を養うことができます。


販売ページでは4歳からとありますが、
子供によっては2歳半でも
十分に興味をもって取り組みます。


 考える力
 想像力
 集中力

が身につきます。


「できた!」という感覚が
かなり気持ちよかったみたいです。


はじめは親も一緒に
やるのがいいと思いますが、

興味を持つと
一人でもどんどん問題を解いていきます。


息子の場合、
私が仕事から家に帰ってくると、
「これができるようになったよ~」と、
いろいろと見せてくれました。


その時に、
「いいね~、また新しいのが出来るようになったね。」
と言葉がけしていると、
息子も嬉しそうで、
また次の問題を解いていました。


 LaQ

息子がこれまで、
最も遊んだおもちゃです。


息子の場合、3歳から初めて、
私と一緒に1200時間以上、
息子は一人の時間も含めると2400時間以上、
遊びました。


 数の感覚が学べる
 空間の感覚が学べる、
 集中力が養われる

などいいことづくりです。


立体パズルやレゴの上位版というイメージですね。


我が家では、
立体パズルをやって、立体になれた後、
レゴを少しだけやって、
LaQに息子の興味が移りました。


レゴは積み上げ方式なのに対して、
LaQは立体ジョイント方式なので、

①イメージした物が作りやすい、
②複雑な物が作りやすい
③バリエーション豊か

というところが利点ですね。


レゴの方が、

①歴史がある、
②営業力が強い、
③組み立てが容易

なので、
一般的な認知度はレゴの方が上ですが、

子供が得られる力を考えると、
レゴを少しやって、
LaQに移ることを私はおススメします。


わが子がLaQに興味を持てれるか、、、
と不安な方は、

価格の安いものをまずは購入して、
子供が興味を持てば、
ボーナスセットなど数量の多い物を
子供に教えてあげてください。


子供が欲しければ、
「パパ買って!」
というはずですから^^


 ストライダー

ランバイクの一種ですね。


都会では一般的なのかもしれませんが、
私は地方に住んでいるので、
息子が4歳になるまで知りませんでした。


実はこれに乗っていると、
自転車に乗る練習をせず、
初めから自転車に乗れるんですよ。


その理由は、体の軸ができて、
バランス感覚が養われるからですね。


ということで、私は、
息子の自転車練習に付き合ったのは、
30分でした。


しかも私が自転車に触れた時間は、
0分(笑)


息子が自転車に乗る練習をしているのを
見守っていただけです。


何の手助けもいらなかったので、
楽でした(笑)


地方によっては、
ストライダーの大会があります。


乗りなれてきたら、
こういった大会にでるのも
おススメですね。



息子の場合は、
大会が楽しくて、
地元である大会によく参加していました。


ただ、1つ注意点が。


一人で遊んでいる分には、
ノーマルのストライダーで構わないのですが、
大会でそこそこ勝つ子は、
みんなストライダーをカスタムしています。



大会に出ると、
子どもも大人もカスタムしたくなるので、
ちょっとお金がかかります。


我が家の場合、

ストライダー本体 15,000円
でしたが、

 ハンドル周り 16,000円
 タイヤ周り 10,000円

かかりました。


本体よりカスタム代が高いですね(汗


我が家は、カスタムしている中では、
お金をかけていない方ですが、
すくなくともこれぐらいはかかります。


私の知っている人で、
一番お金をかけている人は、
本体+カスタム代で90,000円でした。


全てのパーツを最上クラスにすると、
これぐらいになります。



 おもちゃを与えるさいに注意していること

おもちゃを与える際、
親のエゴで

「このおもちゃで遊んで欲しい」
「こうなってほしい」
「こういう力をつけてほしい」

というのがありますが、
無理やり遊ばせる必要はないと思います。


そもそも無理やり遊んでも、
子供も楽しくないですもんね。


大切なのは、子供が興味を示すかどうか。


お試しできるものは、無料で試してみて、
価格の安いもので子供の反応を見れるものは、
まずは子供の反応を見る。


それが、
子供も親も気持ちよくおもちゃを楽しむ
秘訣だと思います。




このブログでは、
感想や応援メッセージ、
疑問などもお待ちしています。


スマートフォンの方は一番下、
パソコンの方は
右側の問い合わせフォームより
お気軽にお伝えください。


私も試行錯誤しながら
子育てをしていますので、
同じ立場のあなたの気持ちを
教えていただけるととても嬉しいです











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうはる

「子供には英語で苦労してほしくないなぁ」 「でも高額な英語教材は手がでない、、、」 学生時代、英語が全くダメだった僕が、 息子(小1)と娘(年中)に 同じ思いをしてほしくないと思い、 子供と一緒に英語を学ぶ様子をつづったブログです。 また、心理学を使った頑張り過ぎない子育て法も紹介しています。