幼児 小学生にはじめて英語の絵本を読む時に注意したい4つのポイント

こんにちは、ゆうはるです。


今回は、
幼児 小学生にはじめて英語の絵本を読む時に注意したい4つのポイント
について書きます。
5047cd2554cbc8376f9de3e3e4b48854_s.jpg

英語子育てをはじめようと思った時、
子供がある程度成長していて、
すでに日本語を理解できているご家庭もあると思います。


我が家も英語子育てを始めたのは、
息子6歳、娘4歳でしたので、
すでに日本語を理解していました。


子供が日本語を理解できている家庭で
英語子育てを始めようと考える際に心配なのが、
子供が「英語はイヤ!日本語がいい!」
ということだと思います。


この記事では、
自然と英語子育てが出来るようにするために、
私が考えたことと、具体的に取り組んでみたことを紹介します。


現在では、子ども達も英語を「生活の一部」として、
楽しんでいますので、参考になると思います。


英語子育てを始めようとする場合、
親の気合いが入っていて大量の英語の聞き流しを始めたり、
いきなり英語で話しかけ始めたりしがちだと思います。


世の中に溢れている情報では、
そういうことを勧めていますもんね。



ところで人間にはコンフォートゾーンというのがあるのをご存じでしょうか?


人が快適に感じる領域のことで、
このコンフォートゾーンから大きく離れる行動をすると、
コンフォートゾーンに戻ろうとします。


例えば、
子供にとって今まで英語のない世界がコンフォートゾーンだったとすると、
いきなり大量の英語の音が入ってきた場合に、
不快に感じて拒否反応を示すわけです。


そのため、
大切なのは少しずつ英語を生活に取り込んでいき、
コンフォートゾーンをずらすこと。


人は少しずつの変化であれば、
あまりストレスを感じずに
受け入れることができるんですね。


それでは次に、
具体的に英語絵本の読み聞かせを始める時に
どうしていったかを紹介します。

1.jpg

 簡単な絵本を選ぶ

初めての絵本選びは悩みどころだと思います。


初めての絵本を選ぶ時のポイントは、

・1ページ1文ほどの簡単な英語であること
・8ページぐらいで終わる簡単な読み物であること


私の場合は、
手始めにということで、
この本を買いました。




CTPやORTの絵本も人気ですが、
「より簡単なものを」
ということでこの本を選びました。


我が家の場合は、
既に普通の読み聞かせはしていたので、
あえてCDのついていない簡単な絵本にして、
まずは日本の絵本と同じように親が読み聞かせをするようにしました。



はじめからCD付きを買うのも有りだと思います。



英語が苦手なので読めるかな?
私の発音大丈夫かな?


という方もいると思いますが、
私が選んだ絵本は中学一年生レベルなので、
読むのは簡単ですし、
まずは英語を使って親子で親しむことが目的なので、
発音も気にしなくて大丈夫です。


後に、ネイティブが話しているCDやDVDを数多く
聞いたり見たりすることによって、
子どもの発音はそちらに修正されていきます。


我が家でも子ども達の発音は、
私より上手です。


 絵本にかける費用はストレスにならない金額で


また、「せっかくだから」と冊数の多い高額なものを、
購入することを検討している方もいると思います。


読み聞かせの習慣がすでにある人はかまわないかもしれませんが、
まだ読み聞かせの習慣がない人は、
習慣にすることが一つのハードルですので、
まずは比較的価格の安いものから始めるのがおススメです。


「価格が高いと後にひけなくなるからやるのでは?」
という人もいます。


しかし、この考え方だと義務や強制になってしまいがちです。


義務や強制になると楽しく続けることが難しいです。


自然と英語の読み聞かせの習慣をつけることが最初の目的ですので、
目的を見失わないためにも、
まずは比較的価格の安いものから始めることをおススメします。

 まずは一冊だけ読む

我が家の場合、絵本が家に届いた時に、
子供たちも「何が届いたの?」と興味を持ったので、
「絵本だよ」「一冊だけ読む?」
といい読みました。


ここでポイントなのは、いきなりたくさん読まないこと。


結果的に我が家もその日のうちに、
子供たちからのリクエストで3、4冊ほど読みましたが、
子供たちがもっと読んでというところであえておしまいにしました。


そうした方が、
子供たちの英語の読み聞かせをもっとしてほしいという欲求が続くからですね。

写真読書.jpg

 読み聞かせを毎日の習慣にする


読み聞かせの習慣そのものをつくることが必要です。


英語絵本の読み聞かせをしようと思われてい方の中には、
既に日本語の本の読み聞かせをされている方もいれば、
これから読み聞かせを始めようという方もいらっしゃると思います。


読み聞かせの習慣をつけるコツとそのメリットについては、
こちらの記事をご覧ください。




 義務にならないように気を付けよう


「毎日読み聞かせをしなければいけない」
という感覚に親が知らない間になってしまうと、
この感覚を子どもは感じ取ります。


この状態はあまり良いものではなく、
子供も「やらされている」という感覚になります。


理想は、
「やりたくてやっている」状態です。


そのコツの1つとして、
私が始めに選んだ「」は25冊入りでしたので、子供に、
「今日は何冊読もうか?」
「好きなの選んでね~」
と言っていました。


何を読むかを子供に選ばせてあげると、
子供もより読み聞かせが好きになりやすいです。


「読む本が偏ってしまうのでは?」
という方もいらっしゃると思いますが、
それでいいと思います。


子どもに限らず大人も、
好き嫌いがあってどうしても好きな方に
偏ってしまいますよね。


それを認めてあげることによって、
好きがより好きになって、
その本をまるまる暗記することになるのです。


「だけど、せっかくだからこの本も、、、」
というのでしたら、
あくまで子どもが選んだ本を中心に読み聞かせして、
その中に少し、
「これパパが読みたいんだよね。
一緒に読もう!」
という感じで、混ぜるといいと思います。

 まとめ

幼児 小学生にはじめて英語の絵本を読む時のコツは、
「少しずつ」英語を生活にとりこむこと。


そのうえで、具体的な4つのポイントは、

・簡単な絵本を選ぶ
・絵本にかける費用はストレスにならない金額で
・まずは一冊だけ読む
・読み聞かせを毎日の習慣にする

でした。

無理せず、英語絵本を普段の生活に取り込めたらいいですよね。




記事の内容や子育て・教育について、
感想や疑問、ご相談がありましたら、

スマートフォンの方は一番下、
パソコンの方は
右側の問い合わせフォームより
お気軽にお伝えください。



私も試行錯誤しながら
子育てをしていますので、
教えていただけるととても嬉しいです。






【ムダな努力をしなくてすむようになるおススメ記事】








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうはる

「子供には英語で苦労してほしくないなぁ」 「でも高額な英語教材は手がでない、、、」 学生時代、英語が全くダメだった僕が、 息子(小1)と娘(年中)に 同じ思いをしてほしくないと思い、 子供と一緒に英語を学ぶ様子をつづったブログです。 また、心理学を使った頑張り過ぎない子育て法も紹介しています。