林修氏が子供の早期英語教育を否定?本当に必要なものとは?

こんにちは、ゆうはるです。

今日は、
9月24日放送の
林先生が驚く初耳学!」で、

子供の早期英語教育について
林先生が話されていたので、

その内容と私なりの考え方について
書いていきたいと思います。
1a48c2c863725672d91068e144b3c804_s.jpg
・子供に早期英語教育やらしてる
東大出身の親に会ったことがない。


・英語が出来ない親ほど
子供に幼少期から英語を習わせる


・英語ができる親は
そんなに早くからは習わせない


・幼児期という限られた期間内で
英語教育の優先順位は低い


・語学はアプリ。
アプリを入れるための「スペック」を
上げておくことのほうが優先順位が高い!


思考力こそ幼児の間に伸ばすべき!


やり抜く力を伸ばすことも大事


・「英語ができるが仕事はできない」
という学生は評価が低い。


・なぜなら、「英語ができる」ことを
「仕事ができる」と勘違いしていて、
一番使い物にならないから。



一方で、
林先生は違う番組で次のようにも、
おっしゃっています。


・ヒアリングの問題、
早く聞かせなきゃいけないというのは分かる。


・自国の言語でしっかり考える力のない人間が
中途半端に他の国の言葉を入れて
本質のレベルが上がるわけない。


・国語力を鍛える機会を英語で奪ってしまう。


・(グローバル化の中で)伝達の言語は英語かもしれないが、
思考の言語は日本語じゃないですか?


・思考ができない人間が、
伝達の道具だけ手に入れて何になるのかと思う。
897d497be44daaad658d516ba305408b_s.jpg

 じゃあ、どうすればいい?


じゃあ、
英語が苦手な親は子供のためにどうすればいいの?
っと思いますよね。


あくまで私の考えですが、
林先生がおっしゃりたい
ポイントは次の2つだと思います。


英語の優先順位は低いので、
思考力やり抜く力を育むのに
時間やお金を使おう!

 ただし、英語耳はあるので、
ヒアリング力はつけさせてあげよう!



つまり、
英語を子育ての柱にするのではなくて、
もっと基本的な部分、
思考力や、やり抜く力を中心に育てて、

英語はヒアリング力を中心にして、
あくまで柱ではないよ、
ということなんだと思います。


このブログも、
という記事で英語の優先順位は高くない
書いていますし、

我が家もお金のかかる英語教材は使っていないので、
その点は林先生のお考えと、
少し近いところがあるのかなと思います。


【我が家の子供たちが一番初めに選んだ英語教材とは?



なお、
どうしたら思考力はつくのか?
ということについては、
別記事で書こうと思います。


また、「やり抜く力」については、
こちらの本がためになるので、
興味がある方ぜひ読んでみてください。



このブログでは、
感想や応援メッセージ、
疑問などもお待ちしています。


スマートフォンの方は一番下、
パソコンの方は
右側の問い合わせフォームより
お気軽にお伝えください。


私も試行錯誤しながら
子育てをしていますので、
教えていただけるととても嬉しいです。






メール3.png

子供の将来が気になる方へ

次世代型の子育てを
一緒にしませんか?」


僕の子育ての目標は、

 「みんな一緒」ではなく、
「ありのままの自分」の強みを伸ばす
 これからの時代を生き抜く力を育てる

の2つです。


ぶっちゃけ、

 勉強ができるだけ
 単に英語が話せる

はどうでもいいです(笑)


もし、あなたが
この目標に共感するなら、
僕の子育てメルマガに登録してください。

僕が日々、
考えていることをシェアします。


ぜひ一緒に時代の変化に負けない
優しくもたくましい子を育てていきましょう!


不要だった場合は、
簡単に解除できますので、
お気軽にご登録を!

http://cosmoikuji.up.seesaa.net/image/arrow46-011.gif  http://cosmoikuji.up.seesaa.net/image/arrow46-011.gif  http://cosmoikuji.up.seesaa.net/image/arrow46-011.gif



また、
この記事への
感想や応援メッセージ、
疑問などがありましたら、
お気軽にどうぞ。


ゆうはるへの連絡は、

 あわせて読みたいおススメ記事


甘い言葉には気をつけた方がいいです】


【もしかして子供を褒めていませんか?


【我が家の子供達が「英語が好き!」と答えるようになった方法です】
⇒実は簡単!子供のやる気スイッチを入れる3つの方法



【育児本のエッセンスをサクっと学ぶのにおススメ】


【脳科学者や医学博士が薦める子育て法です!】




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうはる

「子供には英語で苦労してほしくないなぁ」 「でも高額な英語教材は手がでない、、、」 学生時代、英語が全くダメだった僕が、 息子(小1)と娘(年中)に 同じ思いをしてほしくないと思い、 子供と一緒に英語を学ぶ様子をつづったブログです。 また、心理学を使った頑張り過ぎない子育て法も紹介しています。