父親に求められる最も大切なことは「○○を笑顔にすること」

a0002_009258.jpg
こんにちは、ゆうはるです。


今日は、
私が子育てをしていて、

「あぁ、これが父親にとって最も大切なことだな」

と思ったことについて
書きたいと思います。


なぜこれが大切かというと、
家族みんなの幸福感や充実感の、
根本になることだからです。


これを意識して家族と関わるだけで、
家族全体が上手く回りやすくなるので、
知らないともったいない考え方です。

それは何かというと、

「妻を笑顔にすること」


当たり前っちゃ当たり前ですよね(笑)

でも、
子どもができて思うのですが、
改めてこれが一番大切だと思うのです。



一般的には、
よく父親に求められるものとして、

「こどもとよく遊ぶ」

があげられますが、
それよりも、
「母親を笑顔にすること」
が大事だなと感じています。

なぜ「母親を笑顔にすること」が大事なのでしょうか。


それは、
感覚的なことになるのですが、
「母親が笑顔だと子どもの心の安定につながるから」
です。


お子さんがいらっしゃる方は
よく分かると思うのですが、

母親がイライラしていると、
小さい子どももそわそわして
落ち着かないことがよく
ありますよね。


子育てあるあるなのですが、
母親が急いでいる(少し気が立っている)時に限って、

・子どもがお茶をこぼして服を汚す
・なぜか子どもがぐずる

とか、、、。


子育てに関わったことのない方のなかには、

たまたまじゃない?

と思われる方もいると思いますが、
私はそうは思いません。


気持ちは伝播するのです。


大人でも、
例えば上司がイライラしていたら、
ちょっと気になったりしませんか?


大人になると、

「気にしてもしょうがない、
人は人、私は私。」

とあまり気にならない人も
いると思いますが、

子どもは感情の分離が上手でないので、
母親の感情をそのまま受け取っちゃうんだと思います。

 母親がいつもネガティブだとどうなる?

では、
母親がいつも怒っていたり、
悲しんでいたり、
ネガティブだとどうでしょうか。


子どもも怒っていたり、悲しそうに
なっちゃいますよね。


そうすると、
「色んなことに挑戦しよう」とか、
「毎日楽しい」という感覚になりにくいです。


なので、
子ども達の感情を安定させるためには、
まずは母親の感情を安定させることが
大切なのです。


私も「毎日できている?」
と聞かれると、
毎日はできていません(汗


時には軽い口げんかをすることもありますし、
自分が疲れている時は、
必要のない言葉を言っちゃうこともあります。


それでも、

「子どものためにも、奥さんのためにも、
そして父親である自分のためにも、
奥さんのストレスを少しでも軽くしよう」

と意識しています。

 どうすれば母親は笑顔でいられる?

では、
どうすれば奥さんに
笑顔でいてもらえるでしょうか。


私が意識しているのは、

・「おはよう」「行ってくるね」「ただいま」「おやすみ」
などのあいさつはいつも気持ちよくする

・ご飯を作ってくれたことに、毎日感謝の言葉を伝える。

・美味しいと思ったら、美味しいという。
(たまに失敗作の時がありますが、
その時は何もいいません(笑)。妻自身、自分で分かるみたいです。)

・「今日はどうだった?」と一日のできごとを聞く。

・疲れている時は簡単なマッサージをする。

などですね。


後は、
よく子育ては仕事と違って
あたり前が多くて、

誰からも評価されにくいと
お母さん方の言葉を聞くので、

「〇〇してくれて、いつもありがとう」

と思った度に言うようにしています。


例えば、

・(おむつ交換してくれて)ありがとう
・(抱っこ)お疲れさん
・(子ども達の遊ぶ相手をしてくれて)ありがとう

など、それ母親として当たり前じゃん!
みたいなのも言葉にしています。


前提として、

「当たり前はない。
してくれたことに感謝する。」

という感じです


また、
大前提として
妻の労力を減らすのは基本なので、
家事・育児は役割分担するようにしています。


我が家の場合、話し合いで
「これは妻、これは自分」
などとしてはいないのですが、

自然と役割分担ができていて、
後はその時のお互いの疲れ具合で、

「今日は疲れているから、
〇〇(家事)してくれるとうれしい」

と相手に伝えて、代わったりしています。


「奥さんが家事・育児をしている間は、
自分も何かしらの家事・育児をする」
という感じです。

 母親が笑顔だと家庭が明るくなる

これは私が感じていることなのですが、
奥さんが笑顔だと、子ども達が笑顔になって、
結果、夫である自分も笑顔になります。


収入面では父親が柱になることが
多いかもしれませんが、
感情面では中心はやっぱり母親だと思います。


「なんのために子育てしているのか?」

と考えると、
私の場合は
「幸福感・充実感を得るため」なので、

これからも自分のためにも、
奥さんを笑顔にしていきたいと思います。


あなたの今日、そして明日が良き日でありますように。


 あわせて読みたいおススメ記事


もしかしてやっているかも?


【まずは知ることが大切です】


【我が家の子供達が「英語?好きだよ!」と答えるようになった方法です】
⇒子供のやる気スイッチを簡単に入れる3つの方法


【変化に対応できる応用力を身につけさせるコツとは?】













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうはる

「子供には英語で苦労してほしくないなぁ」 「でも高額な英語教材は手がでない、、、」 学生時代、英語が全くダメだった僕が、 息子(小1)と娘(年中)に 同じ思いをしてほしくないと思い、 子供と一緒に英語を学ぶ様子をつづったブログです。 また、心理学を使った頑張り過ぎない子育て法も紹介しています。