父親の子育ては一石三鳥!やらないのが損な3つの理由

こんにちは、ゆうはるです。

今日は、
「父親の子育ては一石三鳥!やらないのが損な3つの理由」
ということで、
私が6年間子育てをしてきて感じたメリットを
書いていきたいと思います。
a0960_008009.jpg
子供と一緒に遊んだり学んだりするのは、
子供が小さいとき期間限定の特別なイベントだと思います。

せっかく父親になったのに、
これを逃してしまっては、
かなりもったいないと思います。

言うなれば、
目の前に美味しいご馳走がならんでいるのに、
手をつけなかったので冷めてしまう。

そして、
食べたいなと思った頃には、
もう下げられてしまって、
美味しさを味わうどころか、
食べることさえできないようなものですね。

仕事が忙しい!という人もいると思いますが、
そういう人に聞きたいのは、

(選択肢1)
仕事が忙しいから子育てはできる分だけで、
子供の成長を他人事レベルで実感する

(選択肢2)
・仕事が忙しいけど、
今しかないので時間を見つけて子育てをして、
自分ごとで子供の成長を実感する

どちらを選択するかということです。
10年後、後悔しない方を選択したいですよね。

ちなみに、
「仕事が忙しい!」を言い訳にする人で、
本当に周りよりも仕事で成果をあげている人を
私は見たことないです。

本当に仕事が忙しい人は、
言い訳もせずにベストを尽くすし、
子育ても時間を見つけてやっていますよね

「仕事が忙しい!」と
グチが出ちゃってる人は
ちょっと気をつけてみてください。

 妻の大変さが分かる

あなたは丸2日間、妻不在の中、
一人で幼子2人の相手をしながら、家事をしたことはありますか?

私も今でこそ、子育ては普通にしていますし、
家事も料理以外はそれなりですが、
妻が県外出張して、
妻の役割を丸2日間みっちりやった時は、
ちょっとしんどかったです。

特に、二人目が生まれて、
子供二人の相手をしながら家事もするのが大変で、
うちの奥さん、これ毎日やってるのか~
とちょっと尊敬したことを覚えています。

子供一人だとまだ気持ちの余裕も十分あるのですが、
二人になると、常に私が数的不利なので、
当時の私は、ちょっといっぱいいっぱいに
なることもありましたね。

なんとなく分かっているつもりでも、
相手の立場にならないと、
相手の気持ちが分からないこともあります。

子育てに積極的に関わって、
妻が普段どれぐらい大変なのかを知ることが、
夫婦円満にもつながると思います。

是非、妻の大変さも味わって、
そのうえで妻に、
「いつもありがとう」と言ってみてください。

奥さんは喜びますし、夫婦の結束が高まりますよ。

 子育ては仕事に活かすことができる

子育てはしっかり向き合うと、
仕事にもかなり使えるスキルが身につきます。

特に部下や後輩の教育ですね。
これは、いわゆるコーチング的なアプローチに
なるのですが、
相手が自分から動くようになるためには、
自分はどうしたらいいのか?
がわかるようになります。

私は、子育てを通して、
人との接し方をもう一度学ぶことができました。

ちょうど子育てが始まる時期って、
後輩の教育をする時期と被っている方が多いと
思いますので、
是非、コーチングを試してみることを
おススメします。

 夫が子育てするのは相乗効果抜群

夫が子育てを積極的に行うと、
①子供への愛情が増し、
②自分自身の充実感が増し、
③奥さんとの関係もより良好になり、
④仕事のスキルもあがる

こんなにいいことはなかなかないと思います。
夫が積極的に子育てをすることは
夫自身にとってもいいことずくめなので、
是非おススメします。

なお、この前提ですが、
常に「どうすればもっと良くなるか」
と思考していることが大切です。

単に奥さんに言われたから、
言われたことだけをやるとか、
とりあえず決められた時間だけ、
子守をするとか、
そういった時間の無駄なことを
やっているだけでは意味がありません。

やってみて試行錯誤を繰り替えすことが、
大切なのです。

これも、
子育てだけじゃなくて、
奥さんとの関係でも、
仕事についても同じですよね。

結局は全てつながっているんだと思います。

小さなお子さんはいらっしゃる方は
チャンスです!

「本気で関われていないかも」と
思われるのであれば、
まずは今日から関わり方を深めてみてください。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうはる

「子供には英語で苦労してほしくないなぁ」 「でも高額な英語教材は手がでない、、、」 学生時代、英語が全くダメだった僕が、 息子(小1)と娘(年中)に 同じ思いをしてほしくないと思い、 子供と一緒に英語を学ぶ様子をつづったブログです。 また、心理学を使った頑張り過ぎない子育て法も紹介しています。