週一の英会話の効果は?子供向け英会話教室のメリット デメリット

こんにちは、ゆうはるです。

今日は、
週一の英会話の効果は?子供向け英会話教室のメリット デメリット
について書きます。


6e3f53ee03c16d4bfb64672e13a30c86_s.jpg

「子供に英語を学ばせてあげたい」
と思った時に悩むことの1つに、

どんな方法で
学ばせてあげたらいいんだろう?」
というのがあると思います。


もともと英語が得意な方はまだしも、
私みたいに英語が苦手な方は、
子供に何をさせてあげればいいか
分からないのではないでしょうか。


・通信教材
・家庭用教材
・英会話教室
・英語のおもちゃ
・英語のCD、DVD
・オンライン英会話
・英語の絵本、、、などなど

ちょっと調べるだけでも
子供が英語を学ぶ方法って
色々ありますよね。


そこで今回は、
これらのうち、
英会話教室について
その効果やメリット、デメリットなど、
調べたり考えたことを書きます。


ちょっと調べてみただけでも
たくさんあります。

・セイハ英語学院
・ECCジュニア 子ども英会話教室
・Benesseこども英語教室
・ヤマハ英語教室
・イーオンキッズ
・こども英会話のミネルヴァ
・ペッピーキッズクラブ、、、などなど

あなたのお家の近くにも、
これらの英会話教室があるのではないでしょうか?


 英会話教室のメリット

 英語に触れるのが習慣になる

毎週、通う必要があるので、
英語に触れるのが自然と習慣になります。
まずは習慣化するのが第一ですよね。


 講師が外国人の場合、外国人と触れ合える機会を作れる

外国人とコミュニケーションがとれる
貴重な時間になります。

違う国の人とも
気持ちが伝わる経験ができますよね。


 グループレッスンの場合、同年代の年の子と一緒に学べる

これは、子供にもよりますが、
同年代の子と一緒に学ぶことによって、
相乗効果で学習が楽しくなり、
学びたい意欲が高まります。


 マンツーマンの場合、濃い密度で学べる

先ほどと逆で、マンツーマンの場合、
講師を独り占めできるので、
子供のペースに沿ってできますし、
常に2人でのやりとりなので、
非常に濃い時間を過ごせます。


efdc68ad3861e3dff5600b277d1acf69_s.jpg

 英会話教室のデメリット

 送り迎えが必要

英会話教室だと送り迎えが必要です。

我が家の場合、
息子(小1)がスポーツ教室と水泳に、
娘(年中)がスポーツ教室に通っていたので、
これ以上、送り迎えが必要な習い事は
増やしたくないのが本音でした。


 月謝が他の習い事に比べて割高

私の住んでいる地域だと、
英会話教室の費用は
週1で月7千円から1万2千円です。


息子がしている他の習い事は、
スポーツ教室が8千円、水泳が6千2百円なので、
他の習い事に比べて少し割高です。


そもそも習い事は
2つまでにしたいと考えていたこともあり、
英語の優先順位が一番でない我が家の場合、
このお金はちょっと出せない金額でした。


【習い事に興味がある方へのオススメ記事】


 グループレッスンの場合、他の子のレベルに合わせる必要がある

これはメリットにもなり得ますが、
デメリットにもなります。


他の同年代の子と一緒に学べるのが
楽しくて良いという考える人もいれば、
全体のレベルに合わせるのがイヤと考える人もいます。


とはいえ、
マンツーマンレッスンを
やっているところもあるので、
そういう方はマンツーマンを
選べば解決できることです。


 よく聞く英会話教室のデメリットについて


授業が週1回1時間の場合、
1時間/週×4週/月×12か月/年=年間48時間

つまり、
英会話教室で学ぶ時間は、
1年間で約50時間しかありません。


一方で、一般的に英語を
スラスラ話せるようになるまで、
2000時間以上かかると言われています。


そのため、

「英会話教室に通っても
簡単なやりとりができるぐらいで、
全然時間が足りない」

と言う話をよく聞きます。


しかし、
これは、宿題(家庭での英語学習)で、
ある程度は補うことができます。


事実、
英会話教室によっては、
毎日家庭でアクティビティをやるところもあります。


息子が通っているスポーツ教室でも、

「家庭でも親子で取り組んでください。
家庭でもやっていただくと、
どんどんできるようになりますよ。」

とよく先生が言われています。


どんな習い事をするにしろ、
教室に任せっぱなしにするのではなく、
家庭で何をするかが、
どんどん上手くなったり、
どんどん楽しくなったりするコツだと思います。


 まとめ

英会話教室のメリットとデメリットは、

メリット
・英語に触れるのが習慣になる
・講師が外国人の場合、外国人と触れ合える機会を作れる
・グループレッスンの場合、同年代の年の子と一緒に学べる
・マンツーマンの場合、濃い密度で学べる


デメリット
・送り迎えが必要
・月謝が他の習い事に比べて割高
・グループレッスンの場合、他の子のレベルに合わせる必要がある

でした。


そのうえで我が家は、
習い事で英語の優先順位が高くないため、

①送り迎えが負担、
②月謝が払いにくい、

という理由から
英会話教室は見送りになりました。


もし、あなたが英会話教室に申し込むか
どうか迷われているようでしたら、
これらのメリット・デメリットも
ぜひ参考にしてください。



このブログでは、
感想や応援メッセージ、疑問などもお待ちしています。

スマートフォンの方は一番下、
パソコンの方は右側の問い合わせフォームより
お気軽にお伝えください。

もちろん、

「我が家はこういう英語教育をして、上手くいっています」
「この英語教材を使ったけど、イマイチでした」

などの実体験や、

子育て・教育(特に英語)の
おススメ情報・耳寄り情報なども大歓迎です。


私も試行錯誤しながら子育てをしていますので、
教えていただけるととても嬉しいです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゆうはる

「子供には英語で苦労してほしくないなぁ」 「でも高額な英語教材は手がでない、、、」 学生時代、英語が全くダメだった僕が、 息子(小1)と娘(年中)に 同じ思いをしてほしくないと思い、 子供と一緒に英語を学ぶ様子をつづったブログです。 また、心理学を使った頑張り過ぎない子育て法も紹介しています。